職場の話はしませんよ。
考察『everyday、カチューシャ』

 
♪ 太陽が昨日より 眩しく照りつけ始めたら
真っ白なTシャツに 今すぐ着替えて 君を誘いたい

 

海沿いの国道を まだまだ空いてる バスに乗り
潮風を追いかけて 誰よりも早く 夏を探すんだ

心の隣で 同じ景色見ながら
何年間も 僕たちは友達のままさ

カチューシャ外しながら 君がふいに振り返って
風の中で微笑むだけで なぜか何も言えなくなるよ
こんな 思っているのに…

カチューシャ外しながら 長い髪をほどくように
いつの間にか大人になって 僕の手には届かないくらい
もっと 好きになるよ…

Everyday、Everyday、Everyday
(中略)

砂浜は 君に似て
思い通りに歩けないよ

寄せる波 避けるたび
二人の足跡消されてしまった

確かなことなど 何もほしくはないよ
無邪気なままで来年も海に来られたら

カチューシャしてる君に 僕は長い恋愛中
同じクラス出会った日から 綺麗になった今日までずっと
季節何度廻っても

カチューシャしてる君に 誰も彼も敵わないよ
世界中で一番似合う髪をとめた天使の輪っか
永久に変わらないで

君が好きだ 言葉にできないよ
君が好きだ 僕のこの気持ち
君が好きだ 小麦色に灼けるように…
恋はきっと いつか気づくものさ

Everyday、Everyday、Everyday
(以下略)



・・・もうね、告れ。さっさと告白しろ。


特に青字の部分から考察すると、

「何年間も」「季節何度廻っても」 という部分からすると、2年ってことは無いですよね。2年を指すときに「何年間も」って言わない。少なく見積もっても3年以上の付き合い。

「同じクラス出会った日から」「何年間も」って考えると、高校1年生の春に出会って、現在が3年生の夏だとしても、高校時代ほぼ全部じゃないか。
それどころか、中学校で同じクラスになって、高校まで一緒ってこともありうる。
小学生ってこともありうるのだろうか。。。バスに乗って海まで行くデート。いまどきはアリなのかも。

いずれにせよ、そこまで長い関係で、且つ、海に二人でデートに誘って来てくれる、これはもう鉄板ですよ、鉄板。

へなちょこ野郎め ( ゚д゚) ペッ


もう一つの考察。

この「僕」は女性なのかもしれない。
だとしたら、「無邪気なままで来年も海に来られたら」くらいの願望に留めておいたほうが懸命なのかもしれない。

深いなぁ、秋元先生。


雑事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>